姓名判断

赤ちゃんの名前の画数診断は自分でできる!②四運を吉にする!

おーたむ
おーたむ
さて!今回は妊娠中の最大のわくわくイベントである赤ちゃんの名前の付け方の第2弾、四運についてです!

 

第一回目では姓名判断・画数診断の基本中の基本である画数の数え方のルールについて見てきました。

 

第一回目をお読みいただいていない方はこちらからどうぞ。

 

赤ちゃんの名前の画数診断は自分でできる!①画数の数え方の基本!妊娠中の最大のイベントともいえる赤ちゃんの名前づけ。あまり関係ないと言われてはいるものの、やっぱり気になるのは画数ですよね。『画数を調べるのは難しすぎて無理!』と諦めかけているあなた。姓名判断ド素人の筆者でも最高の名前を見つけることができた方法をご紹介します!...

 

画数の数え方のルールが分かったところで、いよいよ具体的な画数診断の方法について進んでいきます!

 

今回は画数を診断するうえでの最重要ポイント、四運についてです。

 

姓名判断を詳しく解説しているサイトなどを調べていくと難しい説明や言葉が多く、どうしても途中で挫折してしまいがちですので、当記事では姓名判断ド素人(筆者もです)でも分かるように運と四運の吉数について掘り下げてみたいと思います。

 

今回ご紹介する画数診断の方法を一から順に行っていけば良い画数の名前を機械的に見つけていくことが可能になります。

 

※当記事でおすすめしている画数診断の方法は株式会社学研プラスより発刊されている『最新版 男の子 女の子 赤ちゃんのしあわせ名前大事典』の内容を参考にさせていただきました。とても分かりやすく説明されているのでおすすめしておきます。

 

 

姓名判断の最重要ポイント!『四運』とは?

おーたむ
おーたむ
難しい話は後回し!姓名判断は氏名を5つに分けて数えることからスタートします!

 

あかちゃんの名前の画数を良いものにしたい!と意気込み姓名判断についてじっくり勉強したいと思うお気持ちは分かります。

 

ですが、姓名判断は本当に奥が深く1日や2日で理解できるものではありません。逆に深く意味を理解しなくてもこれからお伝えする最低限の項目を理解していただければ良い画数の名前を見つけることは可能です。

 

是非難しく考えず、数字遊びのような感覚で楽しんでいきましょう!

 

四運とは?

では早速具体的な例を使って四運について見ていきたいと思います。

 

例えば佐藤一郎さんという方の画数を見るとします。見やすくするために縦書きにしますね。

 

 

続いて上記を5つに分類していきます。

 

 

ん?4つじゃないの?

 

 

と思われた方、その通りです。ですが、まずは手順通りに行きます。氏名を以下のように分類していきますね。

 

 

それぞれの呼び名は以下の通り。

 

  1. 祖運(天格とも言います)
    例で言うところの「佐」と「藤」の画数の合計

  2. 主運(人格とも言います)
    例で言うところの「藤」と「一」の画数の合計

  3. 初運(地格とも言います)
    例で言うところの「一」と「郎」の画数の合計

  4. 助運(外格とも言います)
    例で言うところの「佐」と「郎」の画数の合計

  5. 総運(総格とも言います)
    全ての文字の画数の合計

 

上記の5つを総称して五運と呼び、良い名前を考える上では主運(人格)、初運(地格)、助運(外格)、総運(総格)の4項目(四運)が全て『吉』となる画数を考えていく、ということになります。

 

では続いて四運それぞれの意味について見ていきます。

 

主運(人格)の意味

主運(人格)はその人の性格と人生を表すと言われ、主運(人格)の画数がの場合、社会的に非常に高い評価を得られるとされています。

 

年齢的には25歳~50歳ぐらいの最も脂が乗っている時期の人生を占うものです。

 

初運(地格)の意味

初運(地格)生まれてから20歳頃までの運勢を表します。

 

助運(外格)の意味

助運(外格)対人関係を表します。助運(地格)が吉数となると友人や伴侶にも恵まれ、家庭円満になると言われます。

 

総運(総格)の意味

総運(総格)一生の運勢を表します。但し、生まれてから20歳頃は初運、20代半ばから50歳頃までは主運の影響を受けるため、総運が表すのは老後の人生、とも言われています。

 

四運の画数を全て吉数にする方法!

これまでは姓名判断の最重要ポイントである四運とその意味について確認してきました。

 

では次に四運を全て吉にする方法を超具体的に解説していきたいと思います!

 

四運が吉数となる画数一覧

まず最初に抑えておくべきポイント。それは、

 

主運、初運、助運、総運で、吉となる画数は共通!

 

ということです。

 

 

????

 

 

と、なっているかと思いますので、具体的に見ましょう。

以下、四運が吉となる画数の組み合わせ一覧です。

 

男性

1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,21,23,24,25,31,32,33,35,37,

38,41,45,47,48,52,57,58,61,63,65,67,68,71,73,76,77,81

女性

1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,24,25,31,32,35,37,38,41,45,47,48,

52,57,58,61,63,65,67,68,71,73,76,77,81

 

先ほどの佐藤一郎さんに再登場していただき、実際の画数を見てみましょう。

 

7画
18画
1画
9画

 

四運についてももう一度確認しておきましょう。

 

 

まず主運から。主運は上記で言うところの「藤」と「一」の合計ですから、

 

主運:19画

 

となります。先ほどの一覧表で確認してみると・・・19画は、、、無いですね。

 

つまり、佐藤一郎さんの主運は吉数ではない、ということになります。

 

もう一つぐらい見るとなんとなく分かってくると思います。続いて初運です。

 

初運は「一」と「郎」の合計なので

 

初運:10画

 

ですね。もう一度吉数一覧表を確認します。

 

男性

1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,21,23,24,25,31,32,33,35,37,

38,41,45,47,48,52,57,58,61,63,65,67,68,71,73,76,77,81

女性

1,3,5,6,7,8,11,13,15,16,17,18,24,25,31,32,35,37,38,41,45,47,48,

52,57,58,61,63,65,67,68,71,73,76,77,81

 

10画も、、、、無いようですね。。というわけで佐藤一郎さんの初運も吉数ではない、ということです。

 

上記で見てきたように、一つずつトライ&エラーで吉となる画数を探していくことで、四運全てが吉数となる組み合わせを見つけることができます。

 

吉数を見つける手順

これまでは佐藤一郎さんという名前の画数を調べて来ましたが、赤ちゃんの名前を考える場合、まずは良い画数を見つける、という手順が先に来ると思います。

 

そこで、名字を起点として吉数を見つけていく手順についてご紹介したいと思います。

 

  1. 姓の最後の文字の画数を調べる(佐藤の場合は「藤」で18画)
  2. 名の一文字目と姓の最後の文字を足して吉となる画数を調べる(主運。佐藤一郎の場合は「藤」と「一」)
  3. 名の一文字目と二文字目以降を足して吉となる画数を調べる(初運。佐藤一郎の場合は「一」と「郎」)
  4. 名の二文字目以降と姓の最初の文字を足して吉となる画数を調べる(助運。佐藤一郎の場合「佐」と「郎」
  5. 姓名の総画数が吉となるか確認する
  6. 四運全てが吉となる画数を見つけることができたら、画数別で漢字の候補を調べる

 

上記のような流れで淡々と調べていくと四運全てが吉となる画数に必ず出会うことができます。

 

ちょっと骨の折れる作業ではありますが、是非楽しみながらトライしてみてください。

 

ちなみに筆者は上記の方法で1時間ぐらいで最高の画数を見つけることができました。

 

まとめ

おーたむ
おーたむ
今回は姓名判断の最重要ポイント!四運と吉数について見てきました。最後に内容を振り返ってみたいと思います!

 

姓名判断の最重要ポイント!四運とは

  • 四運とは姓名を4つに分割してそれぞれの画数を足すことで表せる
  • 四運は主運、初運、助運、総運のことを指し、その人の人生や人間関係などを占う
  • 四運は吉となる画数が決まっているため、正しい手順で確認していけば四運全てを吉数にすることは可能

 

いかがでしたでしょうか。

 

画数のいい名前を!!!!と思っても途中で諦めてしまいそう、、、という方は是非今回ご紹介した方法と手順に従って一つ一つ確認されてみてください。

 

必ず最高の画数を見つけることができます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。