男性脳・女性脳

女性脳と男性脳の違い。夫が担当すべき家事は風呂掃除とトイレ掃除!?

男性の妊活・育児・家事参加を応援するブログ『ベイビーリーフ』。

管理人の”おーたむ”と申します。

今回は前回に引き続き、男性脳と女性脳の違いが生み出す、男性と女性の家事の方法の違いについて別の側面から見ていきたいと思います。

前回は男性脳と女性脳の違いを【モノの見え方】という視点で解説していきました。

※もし前回の記事をお読みでない方はこちらからお読みいただくと、より今回の記事の理解が深まります。

男性脳と女性脳の違い。遠くを見る男と目の前のことを見逃さない女。男性脳と女性脳。その違いは明らかにあります。『そもそも違うんだ』と理解して接することで無駄な争いを避けることができるかもしれません。妊活や育児中、些細なことで喧嘩をしたり意見が食い違ってしまうことにお悩みであれば、是非当記事で男性脳と女性脳の違いについて学んでみてください。今回は男性脳と女性脳の違いの中でも顕著に異なる『空間認識能力』についてのお話です。 ...

そして今回は日常的な男性脳的な家事、女性脳的な家事の違いを

  • モノタスク
  • マルチタスク

という側面で分析してみたいと思います。

男性脳、女性脳は物事の処理の仕方が違う

さて、では早速男性脳と女性脳の物事の処理の仕方の違いについて見ていきたいと思います。

男性脳はモノタスク

モノタスクとは【一つのことを行う】という意味です。

つまり、男性脳は物事の処理を一つ一つ順番に行っていくのが得意ということです。逆にあれもこれも同時並行的に行うことは苦手です。

具体的な家事に例えるならば、男性は大掃除が非常に得意ですが、日頃から家を綺麗に保っておくことが苦手です。

大掃除は1年間で溜まりに溜まった汚れを1日、2日程度の短い期間で集中的に掃除しますよね。

そんな時男性脳は大活躍します。

逆に、男性脳は日頃からちょっと床の雑巾がけをするとか、ささっとテーブルの埃を取っておくとか、目に止まった家事をその都度行っていくことが非常に苦手なのです。

女性脳はマルチタスク

逆に女性脳はマルチタスクを得意とします。マルチ、つまり目の前にある複数の物事を同時に処理していくことに長けているということになります。

マルチタスクな女性脳についても具体的な家事の例をあげるのであれば、女性は子供を抱っこしながら、床の掃除をしながら、テレビを見る、といったことを平気でやってのけます。

  • 子供を抱っこする

  • 床の掃除をする

  • テレビを見る

3つ程度の動作であればほぼ【無意識】でできるはずです。

その反面女性脳は男性脳が得意とする大掃除などは苦手なことが多いです。

何故ならば大掃除中は家中の汚れやゴミが無数に目に入ってきてしまい、あれもこれも処理しようとしてあまりのタスクの多さにパニックを起こしてしまうからです。

モノタスクな男性脳とマルチタスクな女性脳がうまく”共存”する方法

これまでご説明してきた通り、モノタスクな男性脳とマルチタスクな女性脳がひとつ屋根の下で生活する以上、家事の面で意見の食い違いが起こることは避けられません。

そこで今回の記事の締めくくりとして、モノタスクな男性脳とマルチタスクな女性脳が家事の分野においてうまく共存していく方法についてご提案したいと思います。

家事をしっかりと分業する

モノタスクな男性脳とマルチタスクな女性脳が家事の分野においてうまく機能する方法、それは家事の【完全分業】です。

マルチタスクな女性脳は家の中にあるあらゆる家事をランダムにこなしていきます。

  • テーブルの上に使用済みのコップが置いてあればパパっと洗って片づける
  • 洗い物をしている最中に生ごみが溜まっているのを見つければその場でサッとゴミ箱に捨てる
  • ゴミ箱が満タンになっているのを見かけるとその場でゴミ袋を新しいものに交換する

などなど、連鎖的に家事をこなしていきます。

いわば『ながら家事』の達人なのですが、逆に【一点集中】的な家事は苦手な場合が多いです。

男性脳の持ち主は女性脳が苦手とする、できればやりたくないと思いがちな家事を【専業】として受け持ってしまえばいいのです。

男性脳に向いている家事①風呂掃除

モノタスクな男性脳に最も向いている家事と言えば【風呂掃除】です。他の事には目もくれず風呂場のドアを締めきって毎日お風呂をピッカピカにしてあげましょう。

間違いなく奥さんは喜ぶはずです。何故ならば女性脳の持ち主にとって風呂掃除はなるべくならやりたくない家事だからです。

風呂掃除は【ちょっとごみ捨てのついでに】などと、【ながら家事】でこなすことができません。風呂掃除をした後は足を綺麗に拭く必要がありますし、もし服が水で濡れてしまったりしたら着替えをしなくてはいけないかもしれません。

そのようなちょっと手間のかかる家事こそが男性脳の出番です。

『さあ出番だ!』と言わんばかりに短パンTシャツに着替えて意気揚々とお風呂場に向かいましょう。

男性脳に向いている家事②トイレ掃除

同様の理由からトイレ掃除も男性脳向きの家事です。

特に子供が小さいご家庭の場合、トイレ掃除をした後はしっかりと手を洗ったり、場合によっては着替えもしなければいけなくなるかもしれないと考えると、女性脳にとっては避けておきたい家事です。

ちなみに我が家では私が朝起きたら一番に行うのがトイレ掃除です。

男性はおしっこを【場外】にこぼしたりもしがちなので、率先してトイレ掃除を買って出るようにしましょう。

まとめ

今回の記事のまとめです。

モノタスクな男性脳、マルチタスクな女性脳
  • 男性脳はモノタスク。男性脳は物事の処理を一つ一つ順番に行っていくのが得意

  • 女性脳はマルチタスク。目の前にある複数の物事を同時に処理していくことに長けている

  • マルチタスクな女性脳は【ながら家事】が得意。

  • モノタスクな男性脳とマルチタスクな女性脳が家事の分野で共存するためには【完全分業】がおすすめ

  • 男性脳に向いている家事は風呂掃除とトイレ掃除

いかがでしたでしょうか。

普段の何気ない家事も男性脳・女性脳という視点で見てみると今までにない発見がありますよね。

是非、日頃から男女脳の違いを意識して行動してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。