妊娠中の悩みやトラブル

妊婦の体重増加の目安は?妊娠中におすすめの食事やサプリを理解し奥様をサポートしよう!

おーたむ
おーたむ
こんにちは!ベイビーリーフ~妊娠・不妊の悩みについて男性目線で考えるブログ~運営者のおーたむです。

今回は妊婦さんの悩みの一つ、体重の増加についてです!体重増加の目安妊娠中におすすめの食事やサプリについて、見ていきたいと思います!

男性の皆さん、きっと妊娠中の奥様はいつも自分の体重をかなり気にされていると思います。

 

妊娠中の体重増加についてしっかりと理解していないと、ついつい

 

最近太ったよね・・・ちょっと痩せたら?

 

というような軽はずみな発言をしてしまいかねません。

 

ですが、妊娠中の体重の増加にはしっかりとした理由があり、当たり前のことなのです。

 

是非当記事をじっくりお読みいただき、妊娠中の適切な体重の増加量について、そして体重が増えすぎてしまった場合のリスクや対策についてもしっかりとご理解いただき、奥様をサポートしてあげましょう。

妊婦の体重増加の目安や体重が増えることによるリスクについて

妊婦は転倒しやすい?転んだ場合の対処法や防止法は?男性側が妊婦さんにサポートしてあげられることって何だろう?妊娠中の大切な時期にまさかの転倒!?妊婦さんが転んでしまった時の対処法や転倒の防止法などについて見ていきたいと思います。大切な赤ちゃんを守るために。...

妊娠中は、出産に備えて体つきや味覚など様々な事が変化します。顕著に表れる変化の中に、体重の増加があります。

 

月日を重ねるごとにお腹の赤ちゃんが大きくなり、それに伴い胎盤が発達し羊水も増え、赤ちゃんに必要な酸素や栄養を届けるため母体の血液量が増えたりします。

 

その為、体重が増えるのは当たり前の事です。

 

しかし、食べ過ぎて体重が増えすぎるのはよくありません。

 

もちろん、出産に向け体力もつけなくてはいけませんから、妊娠中にきちんと食事をする事は赤ちゃんにとっても大切な事です。

 

ですが、体重が増えてしまう事で妊娠中のリスクが増えてしまう事も。

 

では、妊娠中に体重が増加しすぎるとどんなリスクが増えてしまうのでしょうか?

 

妊婦の月の体重増加の目安は?

妊娠中の体調や食欲は、つわりの重さや種類によっても左右されるものです。体重増加に気を付けたいのは、つわりが終わるころから出産までです。

 

食欲が増し、ついつい食べ過ぎてしまう場合や食べづわりで食べていないと、気持ち悪くなってしまうような症状も個人によってはあります。

 

産科で一般的に言われる月の体重増加限度は1kg~1.5kgです。

 

妊娠から出産までに月1㎏増えたとすると単純計算で10㎏です。

 

産後1~2カ月の間に特に気を付けていなくても、自然と減少していく体重の量が約10㎏とされています。

 

 少し厳しい産院になると妊娠中や出産時のリスク回避のため、8Kgのラインを保つように指導されるようです。

 

おーたむ
おーたむ
私の妻も妊娠中、特に妊娠後期は体重の増加にかなり気を配っていました。

…のですが、つわりが終わると食べ物の嗜好もある程度元に戻ってしまったので、ついつい大好きなお菓子やアイスを食べすぎて一気に体重がうなぎ登り…!

病院で一度注意を受け、それ以後は甘いものや塩分の強いものは控えるようにしていました。

妊娠中に体重が増えることによるリスク

妊娠高血圧症候群

急激な体重増加は妊婦でなくとも健康に支障をきたします。

 

そして、体重が増えすぎてしまうと血圧が高くなりやすく、めまい、むくみ、尿タンパク数値の上昇などが起こります。

 

これらは妊娠中毒症と呼ばれる症状で母体、胎児に悪影響を与える場合があります。

 

妊娠糖尿病

妊娠中に発覚する糖尿病の事です。

 

妊娠高血圧、羊水の量に異常が発生、流産、胎児が大きくなりすぎるなど、最悪の結果を招く場合もあります。

 

妊娠糖尿病は妊婦さんの10%未満が発症すると言われています。

 

妊娠中におすすめな食事は?サプリメントも飲むべき?

 

妊娠中に積極的にとるべき食事は?

妊娠中に積極的に摂るべき食事は和食です。優しい味付けで、脂っこいものが少ない和食はまさに妊娠中に最適です。

 

野菜をたくさん摂る事を心がけ、塩分・糖分は控えめに。当たり前の事ですが、これが1番血糖値を上がりにくくする食事であり、体重の増えすぎも防げるのです。

 

しかし、つわり中で食べられるものが限定されてしまっている場合は、その時の体調に合わせて無理なく食べれるものを食べましょう。

 

意外かもしれませんが、果物の食べ過ぎも妊娠中はよくありません。

 

果糖は血糖値を上げやすいためほどほどにしておきしょう。

 

妊娠中に飲むと良いサプリメント

葉酸

ここ数年で母子手帳にも記載されるほど、妊活中から妊娠中、産後まで飲み続けると良いとされています。赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果があると言われています。

 

過去において欧米諸国では神経管閉鎖障害の発症率が高率であったこともあり、発症リスク低減に対する葉酸の効果について、大規模な疫学研究が数多く行なわれました。それらの研究は受胎前後における充分な葉酸の摂取により、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが大幅に減少することを示しました。そこで世界各国で妊娠を希望する女性に対してサプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸摂取に関する勧告が出され、また葉酸を添加した食品も普及しました。その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は近年著しく減少しています。こうした背景から、日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。

引用:e-ヘルスネット

 

食材からは十分な葉酸を摂取する事が難しいため、サプリメントで飲む事をおすすめします。

ビタミンB群

ビタミンB6つわりを緩和してくれると言われ、病院でも処方されています。

 

ビタミンB1栄養不足による脳障害が赤ちゃんに起きないように予防してくれます。

 

B群には助け合って作用を高めるという働きもありますのでビタミンB群は積極的に摂っていきましょう。

 

 

このほか、鉄分など必要な成分は色々ありますが、サプリメントに頼りすぎてはいけません。

 

ほうれん草やレバーなどの食事から補えるものは、積極的に食べる事も大切です。

 

妊娠中の体重増加の体験者の生の声とアドバイス

妊娠中に極端に体重が増えてしまうのは、母体にも胎児にもよくありません。

 

しかし、妊娠中はつわりが起きたりいつもと違う体調や体の変化に気持ちがついていかずに食事にまで気を使っていられないという方も多いです。

 

例えば、つわりで料理をしていられない!なんて事もありますね。

 

コンビニにも色んな種類の食べ物があります。そんな時は頼ってしまいましょう。

 

そこで、少し気を付けたいのがパンよりおにぎり、パスタよりうどんなどを選ぶ事です。

 

大変な時ですが、より安全な出産のために体重増加には気を付けましょう。

 

まとめ

妊娠中に痔になりやすい理由は?市販薬は使用できる?【男性必見】奥様のヘルプに応えられる知識を身に着けておこう!妊娠中に痔になりやすい理由と使える市販薬についての記事です。特に妊娠後期の妊婦さんは5割~7割の方が痔を経験するとも言われ、対策が必要な場合も多いです。...
おーたむ
おーたむ
今回は妊娠中の体重増加の目安やおすすめの食事・サプリについて見てきました。最後に内容を振り返っておきましょう。

妊婦の体重増加の目安やおすすめの食事・サプリ

  • 妊娠中の体重増加の目安は1か月に1~1.5kg増、妊娠期間中全体で約10kgが基本

  • 妊娠中に体重が増えすぎ妊娠高血圧症候群になるとめまい、むくみ、尿タンパク数値の上昇を引き起こす

  • 妊娠中の体重増加により妊娠糖尿病になってしまうと、妊娠高血圧、羊水の量に異常が発生、流産、胎児が大きくなりすぎるなど、様々なリスクを負うことになる

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回ご紹介した内容は妊婦さんにとっては常識的な内容であるかもしれませんが、男性陣にとっては新鮮な情報であったかもしれません。

 

当記事をお読みいただいた男性の皆様、是非妊婦さんの体重の増加とリスクについてご理解いただき、積極的に奥様をサポートしてあげましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。